カラオケ上達

シャウトやデスボイス、スクリーム等の意味と出し方!!

2016/04/10

シャウトとは、直訳すると「叫び」という意味ですが、歌で使用されている意味としては主に声を意図的に潰したり歪ませたりする表現技法の総称です。デスボイスもシャウトの内のひとつです。注意点として、シャウトは喉への負担が非常に大きいため、多様すると喉を潰してしまい本来のクリーンボイス(通常の声)が出せなくなってしまったり、喉にポリープが出来てしまう可能性があったりと、リスクを伴いますのでやらないに越したことはありませんが、それでも歌の表現方法の引き出しを増やすためにもシャウトを習得したいという方は、無理せず少しずつ練習するようにしてください。また、喉のケアも頻繁に行うことを忘れずに。シャウトはその危険性から、有名歌手の方でも、一日のシャウトの数に制限をつけている場合もあります。

スポンサードリンク

シャウトの種類

まずはシャウトの種類について調べて整理してみた図です。いろいろ調べてみましたが、綺麗にまとまったサイトが無かったのでまとめてみました。ただし、ソースによって概念が様々なので、あくまでも参考程度としてください。

 

シャウトの種類

desvoice

  • スクリーチ高音のシャウト
  • スクリーム:例えるなら猫が怒ったときに出す「シャー」という音
  • グロウル:日本で言うデスボイス。デスボイスは日本でしか使われていない用語。ゾンビのような声から、だみ声まで、幅ひろく使われる
  • ガテラル:グロウルよりも低音。水中から空気が上がってくる時の「ボゴボゴ」みたいな音と表現されることが多い
  • デスボイスは音程を気にしない、シャウトは音程に合わせて歌う という分類をされることもある。
シャウトの出し方

大きく分けて二つありますが、どちらも通常の発生時よりも多くの量の息を吐き出すことで声を歪ませます。

 

fry scream (フライ・スクリーム)

声帯を閉じた状態で、大量の息を吐き出すことで声を歪ませます。

出し方

声帯を閉じますので、エッジボイスができることが前提です。高音の裏声でエッジボイスを出し、そのまま思いっきり叫ぶことで出すことが出来る。というのが基本です。あとは声帯の閉じる強さ、息の量、鼻腔共鳴の強弱でスクリーチやスクリームを使い分けることができます。いろいろな強弱や量の組み合わせを試して見て、自分が出したい声を探しましょう。

 

false chord scream (フォールス・コード・スクリーム)

声帯が開いた状態で、大量の息を吐き出すことで声を歪ませます。

出し方

出し方:喉仏を下げれる(喉を意図的に開ける)前提です。思いっきり喉を開いて息を吐きます。そのまま声帯を少しずつ閉じていくと声になってくる。というのが基本です。あとは声帯の閉じる強さ、息の量、鼻腔共鳴の強弱でグロウル(デスボイス)・ガテラルを使い分けることができます。いろいろな強弱や量の組み合わせを試して見て、自分が出したい声を探しましょう。

~Mash~

スポンサードリンク

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-カラオケ上達
-, , , , ,