役立つ情報

歌声が劇的に変わる?!LIVE DAM STADIUMのおすすめ音質設定!

2016/05/11

カラオケ機種 LIVE DAM&LIVE DAM STADIUMでは詳細な音質設定をすることで、歌が劇的に上手く聞こえるようなります!

今回は少し玄人向けの”音質”設定方法をご紹介したいと思います。

こちらおすすめの”音量・エコー”設定方法はこちら

スポンサードリンク

音質設定のやり方

※画像は全てLIVE DAM STADIUMですが、項目の大まかなところはLIVE DAMでも同じです。

カラオケの音設定といったらまず思いつくのが「音量」と「エコー」ですよね。でもそれ以外にも設定をいじることができるんです。

※音量とエコーのおすすめ設定はこちらの記事

普通にカラオケしているだけじゃ気づかないですが、デンモク又は本体液晶のトップメニュー画面に「設定」ボタンがあり、ここをタップすると以下の項目が出てきます。

 

設定

更に「音」を選択すると以下の項目が出てきます。

音

左側二つの「トーンコントロール」と「ボーカルプロセッサ」の設定をいじることで音質を変えることが出来ます。

 

トーンコントロールの設定

トーンコントロール

トーンコントロール項目では、低音・中音・高音それぞれの音の大きさを設定することができます。

「ミュージック」に関して言えば、例えばヒップホップなら”低音を強調する!”みたいなことが出来ます。

ちなみに「プリセット選択」では歌うジャンルに合わせて推奨の数値があらかじめ設定されており、1ボタンで設定を変更することができるので、細かい設定が面倒だ!という方はプリセットがおすすめです。

※手動で設定をいじる場合はプリセットをカスタムにしないと適用されないと思います。

「マイク」の設定についてですが、例えば、低音が苦手で声があまり出ないけど高音は大きい声をだせる!という方は、低音をプラス側に振ってあげれば、低音の小さい声も聞こえやすくなるというメリットがあります。もしくはマイク音量を大きくして高音をマイナスに振ってあげるのも手ですね。

スポンサードリンク

ボーカルプロセッサの設定

ボーカルプロセッサ

こちらでは主にマイクからの入力について設定できます。こちらも手動で詳細設定をいじる場合はプリセットを「カスタム」に設定する必要があります。

パワーボイス

数値を上げると声の安定性が増します。(精密採点DXやDX-Gでも「安定性」が増す)

ただし、上げすぎると音がカリカリになります。

また、声に力強さが増すイメージですので、当方もそうですが、ミックスボイスが弱々しい人なんかは、この設定を上げてあげるといい感じの声になったりします。

シャープネス

数値を上げると声の響きが良く??なるようです。上げすぎると音がキンキンになり、ハウリングしやすくなるので注意。

しかし、倍音が増えるため、精密採点DXやDX-Gでの裏加点に効果があります。1~2点上がることも!

精密採点DX-Gで高得点を取る方法。99点とってみた

エコー種別

エコーのタイプを選べます。これは実際に試してみてお好みの設定でいいかと。

ローカット、歯擦音カット、ハイカット

これらは雑音をカットするシステムです。ちなみに「歯擦音カット」はサシスセソなどを発声するときに出るシャッという雑音ですのでマイクを近づけて歌う方は「ON」にしておいたほうが良いかも。

 

オススメ設定

個人的には細かな設定をいじるのは面倒だし、あまり変な設定にしてしまうと割とすぐハウリングしたりするので、潔くプリセットで設定しちゃっています。

ちなみにおすすめの設定は、実は↑の画像の通りなんですが、

トーンコントロール:「演歌」

ボーカルプロセッサ:「標準」

がおすすめです。程よく響きも良く、ハウリングも比較的しにくい気がするので


如何でしたでしょうか。詳細設定をいじって自分好みの音質を見つけるというのもカラオケマニアの楽しみの一つだと思いますので、是非試してみてください。

~Mash~

スポンサードリンク

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-役立つ情報
-, , , , ,