カラオケ上達

女声練習して両声類目指したら意外といけそうな気がする!自己流女声の出し方!

2016/09/23

どうも。Mashです。
以前女声や両声類について記事にさせていただきました。女声って?という方はこちらをご参考ください。

>女声とは??

以前の記事では上手な方や友人の音源を紹介させて頂いたのですが、やはり自分ができないと説得力がないなと思ったのでがんばって練習してみました。ちなみにアニメ声ではなくてナチュラル女声のほうです。

今回はその練習方法や感覚のヒントや練習成果(音源)を紹介していきたいと思います。まだまだ練習中ですので聞き苦しいかとは思いますが、練習中ということでご容赦ください。

スポンサードリンク

自分で自分の声を聞いているとだんだんよく分からなくなりますよね。繰り返し聞いていると聞き慣れてきて「あれ?俺いけんじゃね?」って思うことがよくあるので、今回もそれかもしれませんが、そんなことは置いといて・・・

では以下から順番にご説明していきたいと思います。

 

女声の出し方と練習方法

まずは当方流の出し方からご説明します。

 

女声の出し方

  1. 裏声を使う
  2. 裏声から男要素を抜いていく
  3. 女っぽい口調や吐息を心がける

順番に説明していきます。

1.裏声を使う
女性の声は高いので、当然地声じゃだせません。まずは裏声をだしましょう。ここで言う裏声はファルセットです。ファルセットが一番柔らかい声なので。

2.裏声から男要素を抜いていく
これが一番難しいのではないかと思います。だれもが苦戦する項目ですよね。当方もなかなか上手くいきません。試行錯誤してみた結果、一番簡単で且つ女性っぽくなると思った方法をご説明します。

1で言ったように、まずは裏声(ファルセット)を出します。この状態だと普通の男の裏声だと思います。

ここから男要素を抜くには、声帯を閉じる・喉をしめる・鼻腔に響かせるという3つのコントロールが必要になってきます。

鼻腔にかんしては以下の記事からどうぞ

鼻腔共鳴とは?!

この3つのコントロールのバランスですが、当方の感覚では、

まず声帯を、「そこそこ」閉じます。あまり閉じすぎても声が硬くなってしまい、逆に閉じないと地声っぽさが皆無になってしまいますので、「そこそこ」です。

次に、喉を少しだけ絞めます。これはイメージですが、喉を少し絞めることで、本来喉が持っている「男」のポテンシャルを存分に発揮させない感じです。声帯が振動する面積も少し狭めているような気がします。

最後に、少しだけ鼻腔に響かせます。というか少しだけ鼻にかけるようにします。これも個人的なイメージですが、鼻から少し抜くことで、声の逃げ道を作ることができ、声に柔らかさが増すような気がします。

3.女っぽい口調や吐息を心がける
これは好みで付けていいと思います。当方は、あまり意識しすぎるといかにも「男が女性ぶって女性曲うたってます」って女声になるので、あまりやらないようにしてます。

下の音源は上で紹介した1→2→3というのを心がけて声を出してみてるつもりですが、こうやってやるとなかなか難しいですね。でも女声習得のためなのでがんばります。一応この音源でも少しずつ声が変化しているのがわかるかと思います。

これら1,2,3のバランスをいろいろ試してみて、この辺かな?というのを見つけられればいいのではないかと。

女声の練習方法

正直練習方法といってもあまりないのですが、まずは

裏声のコントロールを強化する

ことが重要ですので、当方の場合は裏声で女性曲を歌いまくりました。キッチリ音程を取れるようになるまで、普通にカラオケを楽しみながら繰り返しました。

あとは、前項で説明した1,2,3項目のバランスをいろいろ試してみて良いかんじのポイントを見つけるというのを空いた時間とかにやってました。

スポンサードリンク

練習曲と練習結果

曲に関しては、たぶん人それぞれ向いている曲があるはずです。向いているというのは、一番女性らしく聞こえるという意味。ただ、あまりキーが高い曲を選曲すると、高い音を出すことに精一杯になって、声色のコントロールどころではなくなるので、そこそこのキー高さの曲にしましょう。もしくはキー設定で丁度良い高さまで下げるかです。

当方の場合は

倖田來未さんの「愛のうた」

が高すぎず難しすぎず丁度良い感じでした。

まだまだ醜い声ですが、音源を上げておきますので、聞いてやってください。

う~ん、こうやって聞くとなんか普通に男な感じもしますが、今後練習を重ねてうまくなったらまた音源UPしようと思います。

ただ、女性の曲を歌えるようになるだけでもカラオケのレパートリーの幅が一気に広がるので、そういう意味でも女声の練習はオススメです!

ちなみに私が愛用しているICレコーダー(正確にはPCMレコーダー)を紹介しておきます。

スマホのボイスレコーダーとは比べ物にならないくらいリアルに近い音を拾ってくれますので練習には必需品です。

こういった録音に特化した機械はやっぱりシンプルで使いやすいですよね。

物理的なボタンで、画面を見なくても録音を開始できますし楽なのでかなりオススメ。

 

以上、Mashでした。

スポンサードリンク

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-カラオケ上達
-