カラオケ上達

オク下で歌ってませんか?!オク下判定と治し方!

2016/09/23

どうもディーン藤岡です。間違えました、Mashです。

今回はオク下について説明したいと思います。そもそもオク下とは何なのか、自分はオク下なのか、オク下を直すにはどうすればいいのかという疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

オク下とは?

カラオケで言われるオク下とは、原曲の音よりも1オクターブ低い音で歌っているということです。

音の高さは高くなるに連れてレミファソラシレミファ・・・と繰り返しますよね?

オク下とは、本来の音で歌うはずなのに、の音で歌っているということ。そして実際オク下で歌っている方は意外と多いです。

まさか自分が、、、と思われる方もいるかもしれません。

しかし、オク下で歌っていることに気づかず、自分は正しい音程が取れていると思っている方がかなりいます。

当方の周りでは、女性ではほとんどいませんが、男性においては半数くらいはオク下です。

(もちろん「おまえオク下じゃん!だっせー」なんて言いませんが)

残念ながら一般的には、オク下で歌う人は歌が下手と思われてしまいます。

ちなみにカラオケのキー設定で言うと、-12で歌っていることになります。

 

オク下を治す!

ここからは、オク下に気づく方法や、直す方法をお伝えしていきます。

 

なぜオク下で歌っていることに気づかないのか?

それは相対音感の感覚が弱いからです。

相対音感とは、基準となる音に対して、対象の音がどのくらい高いor低いかを聞き分ける感覚です。

音楽を聴いて楽しめる方は誰しも潜在的に持っている感覚ですが、音楽の教養(例えばピアノを習っていたとか)がある方はこの相対音感が鍛えられているため感覚が研ぎ澄まされています。

歌を即座にハモれる人なんかは正にそうだと思います。

そして一般的には、男性はミックスボイスを習得していないと歌手と同じ音域で歌うことは困難だと思います。

相対音感の感覚が弱い方だと、CDから聞こえる原曲の音に対して自分の声が低いということに気づかず、自分が出しやすいオク下で歌ってしまうのでしょう。

 

オク下かどうか確認してみよう!

もっと良い方法があるかもしれませんが、当方が考えた判別方法は、音階測定ソフト又は音階測定アプリを使用する方法です。

PCの場合は「Pitch Monitor」というソフトがオススメです。こちら(ソフトアンテナさん)からダウンロードできます。

このソフトはPCに接続したマイクに入力された声の音階を、リアルタイムで測定&表示してくれる優れものです。当方も曲の音域チェックによく使用しています。

スマホの場合、Androidなら「音声スペクトルモニター」、iPhoneなら「あなたの音域測定します」等があります。

それぞれのストアで「音域」と検索するといろいろ出てくるので試してみてください。

 

それではオク下判定を行ってみます。

音階測定ソフト又はアプリを使用しながら、この音を声に出してみましょう。

判定は次項に記載しています。

スポンサードリンク

測定結果から判定!

結果:(hiA)か(A4)

→正しい音を出せています。

 

結果:(mi2A)か(A3)

→残念ながらオク下の音を出しています。

hiAは男性曲の最高音で比較的使われることの多い音です。

ちなみに音階の見方や呼び方についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

音域測定して声域をチェック!自分はあの曲歌えるの??

 

オク下の治し方

まずはカラオケでよく歌う曲の音域の最高音を事前にチェックしておきましょう。

当サイトのカラオケランキングおすすめ曲紹介では音域も記載してますのでそこから曲をピックアップするのもいいかもしれません。

カラオケランキング&おすすめ曲一覧まとめ【音域付】

カラオケで歌い始める前に、先ほど紹介した音階測定ソフトやアプリを使用しながらその曲の最高音を出して見ましょう。

その音の高さを覚えておいて歌ってみてください。

一曲歌ってみて、その最高音の高さを全く使っていなかったらオク下なので、歌い始めの音を1オクターブ高くしてもう一度歌う。というのを繰り返すことで矯正していくことができると思います。

オク下なのは気づけたけど、1オクターブ上げると高くて声が出ないという方はミックスボイスの習得をオススメします。

ミックスボイスの習得方法

 

ガチで歌が上手くなりたい人用

以下の方に心底おすすめしたいのがRolandのボーカルトレーナーという装置。

  • オク下を本当に治したい
  • 相対音感を鍛えたい
  • より正確で正しい音程で歌いたい

まあガチで歌が上手くなりたい人向けってことですね。

 

これはボーカル練習用の装置なのですが、声を出すとそれを測定して、ピッチをリアルタイムで表示してくれる。

と、ここまでは無料ツールと似たような機能ですが、オススメしたい理由は他にもあり、

  • 発せられる音と同じ高さの声を出すと高いか低いかを判定してくれる
  • 精度がめっちゃ良い
  • 2音同時に検出できるのでハモリの練習も可
  • ボーカル練習ガイドブック付
  • 声を録音できる
  • 音楽プレーヤーからこの装置に音楽を取り込める

等々、ボーカルトレーニング用のコンテンツがいろいろ搭載されている他、声の録音もしてくれるので簡易的なレコーダー変わりにも使用できるということ。

これ一台あれば練習が一気に捗ります。

まとめ

オク下は、自分がオク下だと気づくことができれば比較的すぐに治すことができますので、歌が上手いと言われるように治しておきましょう!

~Mash~

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-カラオケ上達
-,