カラオケ上達

オク下で高得点はとれる?精密採点DX-Gで試してみた!音源有

2016/05/11

オク下とは?こちらの記事をご参考ください。

オク下で歌っても採点で高得点をとることができるのか?疑問に思うことありますよね!

今回は第一交渉さんの最新機種、LIVE DAM STADIUMの採点機能「精密採点DX-G」を使って、オク下歌唱でも音程は正確だと判断されるのか?について検証してみようと思います。

スポンサードリンク

▼おすすめ記事

精密採点DX-Gの音程正確率について

最近はカラオケのTV番組が本当に多いですね~。カラオケ番組でよく使用されている採点システムが、LIVEDAM系の精密採点機能ですね。

ひと昔前までのこういった採点機能はシステムがすごくラフで、適当に歌っても高得点が取れたりしてましたが、この精密採点においてはそうはいきません。

精密採点ではロングトーンやビブラートの上手さ、抑揚の付け方など、細かな採点項目が用意されており、人が聴いて上手いと思う歌が比較的高得点になるように精密に作られていますが、それら表現力要素は機械での分析はすごく難しいので、プログラムを理解することで抜け穴を見つけることができます。裏技というやつですね。

しかし、音程に関しては表現力とは逆に、機械で測定したほうが正確だとおもいます。

精密採点の音程正確率項目については、歌唱中画面上に音程バーなるものが出てきて、自分の声が音程にあっているのか確認しながら歌えますが、実は音程バーが合っているだけでは高得点を取るには不十分です。

歌唱中1画面を歌い終わるごとに、音程バーの上をキラキラが流れていきます。そのキラキラの色によっても正確率を細分化されており、虹色が一番良いとされています。(あまりにも音程がズレているとキラキラはでません)

当方の推測ですが、音程バーはカラオケを適度に楽しむ大衆向けに設けられており、キラキラについてはコアに楽しむ高得点狙いの人等を顧客ターゲットに用意されているのでは?とおもいます。

スポンサードリンク

オク下でも音程は取れる!?

前項の通り、精密採点の音程正確率は結構シビアです。そこで、オク下(1オクターブ下で歌うこと。詳しくはこちら)でも音程は正確だと判断されるのか?と思い、いろいろ調べてみましたが、どうやらオク下でもドレミファソラシドが合っていれば音程は正確だと判断されるようです。

フリーの音域測定ソフトを使用したことがありますが、そのソフトではどこのドレミファソラシドなのか?まで正確に測定できていることを考えると、技術的には可能なはず。

これも推測ですが、カラオケユーザーには実際オク下で気づかず歌っている方もたくさんいますし、あえてオク下で歌う場面というのもある事を考慮して、オク下でもOKという設定にしてるのかなとおもいます。

実際に試してみた

とはいえ本当に採点ではオク下でも「音程が正確です」と判断されるの?と思い、DAMの最新機種 LIVE DAM STADIUMの精密採点DX-Gで、実際に歌って試してみました。

曲は今井美樹さんのPEACE OF MY WISHです。

1番はオク下で歌い、2番からは原キーで歌ってみました。

結果は画像の通り。

PIECE OF MY WISH93PEACE OF MY WISH S

音源はこちら

「音程はほぼパーフェクト。」らしいです。2枚目画像上部の音程正確率のグラフですが、前半部分で正確率が下がっている赤○部分もありますが、その後100%の黄○の箇所もあることから、オク下で歌いなれていないから単純に音程を外してしまっただけかと。

よって、オク下で歌った曲の前半と、原キーで歌った後半で、音程正確率に大きな変化はみられなかったと思います。

また、この曲だといつも大体このくらいの点数ですので、点数への影響もなさそうです。

オク下で歌ったからといって点数が下がるということはないことが確認できました。

~Mash~

スポンサードリンク

▼おすすめ記事

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-カラオケ上達
-, , ,