カラオケのマイク音量やエコーのおすすめ設定を紹介!!

音響バランス調整

広告

カラオケ慣れしている方であれば、部屋に入ってまずすることといえば音設定ですよね。

今回は三大音設定であるミュージック・マイク・エコーの設定方法をご紹介したいと思います。

 

音の設定が悪いと歌がうまい人でも下手に聞こえる!?

そもそも音の設定が悪いとはどういうことかと言うと、ミュージック&マイクの音量とエコーの強さのバランスが悪いということ。

このバランスが崩れていると、いくら歌が上手い人でも下手に聞こえてしまいます。

ミュージック&マイクの音量とエコーの強さのバランスのことを、音響バランスと言います。

歌手のライブなんかでも必ず音響スタッフさんがいますよね?

スタッフさん達は、いろいろな音の要素を調整することで、観客を一番心地よくさせる音響を作り出しているんです。

つまり、歌手の歌が一番上手に聞こえるように音を調整しているんです。

それだけ、音響バランスが大切ということですね。

 

音響バランス調整方法

これはカラオケに行ったことがあればご存知の方が多いと思いますが、大体はカラオケ機器本体の分かりやすいところに音響バランス調整用のツマミが付いていますので、簡単に調整できます。

ちなみに画像はLIVE DAM STADIUMです。

もし無ければリモコンで必ず調整できますのでご確認ください。

音響バランス調整

 

ミュージック音量の設定方法

少しうるさいかな?くらいがおすすめです。

カラオケの部屋に入るまでは、あまり大きな音は聞いていないので、まだ耳は慣れていないはずです。

部屋の外の音に慣れている状態でちょうどいい音量だと、歌っている最中に物足りなくなるかもしれませんし、すぐに耳が大きな音に慣れますので心配の必要は無いと思います。

 

マイク音量の設定方法

これはミュージックよりも少し大きめに設定するのがいいでしょう。

マイク音量が小さいと、歌っているときに自分の声が聞き辛く、音程を取りにくいからです。

歌手もライブや音楽番組で歌うときはイヤホンを付けていますよね。

あれは自分の声をちゃんと聞こえるようにするために付けており、歌手の方でも自分の声がちゃんと聞こえないと歌いづらいということ。

また、マイク音量が小さい事で「この人声量が全然無いな」と思われかねません。

ちなみに私の場合、LIVE DAM STADIUMで歌うときはミュージック音量よりもマイク音量を+5くらいに設定してます。

注意点としては、毎回同じ数値に設定してるのにマイクの乗りが全然違う ということがあります。

それは店舗や部屋ごとにマイクのレシーバーの設定が違うからです。

カラオケ機器本体のマイク音量をかなり上げてるのにマイクの音量が小さいときは、レシーバー側の音量を上げましょう

ただし、レシーバー側の調整は、カラオケ機器の調整よりも音量が大きく変化することが多いので、上げ過ぎにはご注意を。

 

Mash

レシーバーはこういうやつですよ!

IMGP0174

マイク2本用のレシーバーなので、マイクごとに音量の調整が可能です。

ここを調整すれば声量の違う友人とカラオケにいってもマイク別に音量調整できるのでオススメです!

 

エコーの設定方法

歌うときにエコーが効いていると気持ちいいですよね。

でもエコーをかけすぎるのはNGです。

エコーが強すぎると歌声がボヤっとしてしまい、滑舌も悪く聞こえてしまいます。歌詞も歌の大切な要素ですからね!

ただ、エコーが効くことで細かな声のブレを誤魔化すことができますので、少しはかけてあげましょう。

 

まとめ

  • ミュージック音量は少しうるさいくらい
  • マイク音量はミュージック音量よりも少し大きく
  • エコーはかけすぎないように!

あとは自分好みに微調整して、ベストを見つけましょう!以上、Mashでした。

広告

音響バランス調整

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。