ライブダムAi使ってみた感想【新型LIVE DAM Ai】

ライブダムAi

広告

第一興商から出ているカラオケ機種、LIVE DAMシリーズの最新機種、LIVE DAM Aiが近所のカラオケ店に導入されたので、早速遊んできました。

今回はまずは一回目軽く使用した感触をご報告します。

LIVE DAM Aiの新機能

LIVE DAM Aiでは以下の新機能や変更点があるようです。

  • 音質向上
  • 精密採点Aiの導入
  • Ai ASSISTANT導入
  • ライブサウンドの会場選択化

他、アニソンボーカル等々のコンテンツが追加もされています。

詳しくは下記参照

LIVE DAM Ai|カラオケDAM機種|DAM CHANNEL
カラオケDAM機種「LIVE DAM Ai」を紹介しています。ダイナミックな映像と臨場感あふれる高品質なサウンドで圧倒的なライブ感を演出。感性に響く、新時代のカラオケ空間を創り上げます。デュアル映像や精密採点DXミリオンが特徴です。

今回試してみた感想や、使い方を記載していきます。

本体操作について

その前に本体操作についてですが、目立つつまみが3個あるのが分かります。

  • 向かって右⇒マイク音量
  • 向かって左⇒ミュージック音量
  • 向かって下⇒マスター音量

となっています。マスター音量つまみは全体的に音量が小さい時などに調整するには便利なものですが、今作からライトアップされたのでより存在がわかりやすくなりましたね。

尚、エコー調整は右のマイク音量の右下につまみがあります。

ライブダムAi

音質向上

よりリアルなライブサウンド感で、音質向上しているようです。

以下はあくまでも個人的かつ、自身の声質による感想ですので、感じ方は各々で違うと思います。

LIVE DAM STADIUMとの違い

たしかにライブサウンド感が向上している気がします。

基本的にはエフェクトというかエコーのかかり方が違う気がしました。

前機種に比べて奥行きがある響き(ホールで歌っているような)です。

でも、素人耳からしたら、なんとなくそう感じる程度でした。

声のマイク乗り

どちらかと言ったらこっちの方が素人には重要だと思います。

多少下手でも、いかにうまく聞こえるか?!が素人カラオケには大事です。

個人的にはSTADIUMより通常のLIVE DAMの方がマイク乗りが良い印象を受けていましたが、今回のLIVE DAM Aiは

  • 低音のマイク乗りはSTADIUMより良い
  • 高音のマイク乗りはSTADIUMと同程度
  • エフェクトが綺麗な分、ウィスパー的な声が綺麗に聞こえる

という印象を受けました。

精密採点Ai

今回精密採点が新しくなりました。

精密採点DX-Gとの違いは以下の通りです。

音程バーなどの演出が変わった

演出が少し派手になりました。

個人的に良い点は、1フレーズ歌い終わったあとに流れるキラキラ(音程の正確度を表す)が前作より派手になったので、見やすくなりました。

前作では「あれ?いま赤だった?黄色だった?」みたいなことが多々ありましたが、それが少なくなりました。

悪い点は、音程が合っていると音程バーが金色に結構激しく輝いていきます。音程バーがちょっと見にくくなります。

Ai感性ボーナスが追加

前作でも採点後にボーナス点が加算されてましたが、それの代わりのような感じです。

ただ、今回歌っていて、ボーナス5点以上入ることもあったので、前よりも総合点としては高くなりやすくなったように思います。

ボーナス加点前の点数はいままで(初期精密採点時代から)と変わらないと思います。(たぶん)

精密採点Ai

Ai ASSISTANT

Aiアシストとのことですが、音声認識です。

マイクで特定のルールに従って呼びかけると、それに応じて特定の操作ができるというもの。

ちなみに設定画面からON/OFFなどの設定もできます。

音声入力onoff

しゃべって予約

マイクで歌手名、曲名をしゃべることで楽曲を予約できる機能。

具体的な使い方は、マイクに向かってまずは

「おっけい!だむ!」と話すと画面左上にAiからコメントが来ます。(何を歌いますか?とか)

その後に

「(歌手名)の(曲名)を入れて!」

と言えば曲が入ります。

歌手名だけを話すと、その歌手の人気曲(たぶんランキング1位)が予約されます。

一言一句間違わずに音声入力する必要があります。

例えば、今回Official髭男dismの曲を入れようとして

「ヒゲダンディズムの~を入れて」

と言っても、Aiからは「見つかりません」との返答がありました。

オフィシャルヒゲダンディズムの~を入れて」

と言ったら予約できましたので、省略しても柔軟に対応はしてくれないようです。

ただ、曲名は多少アバウトでも、特定できる単語を入力できれば目的の楽曲は予約できそうです。

歌手名は正確に音声入力が必要
初期設定だと演奏中は入力できません

しゃべってリモコン

こちらの機能は、音声入力でリモコン操作ができるというもの。

具体的には演奏中止やキーの上げ下げ、音量、ガイドボーカルON OFFなどいろいろできるらしいです。

やり方は、

「演奏中止、だむ!」

というように、行いたい操作名の後に「だむ!」を付けると反応して操作してくれます。

今回は一番多く使うであろう「演奏中止」を音声入力で試してみましたが、きっちりと反応してくれました。

また、入力の面倒な採点画面の終了時の演奏中止についても「演奏中止!だむ!」と言えば消えてくれます。これは便利かもしれません。

ただし、こちらも一言一句間違わずに入力する必要があります。

今回最初は必死に「演奏停止!だむ!」と繰り返していましたが、延々と反応しませんでした。

気づくのに時間がかかりましたが、その後正確に「演奏中止!だむ!」と言ったらすぐに反応してくれました。

もし反応が悪い時は正式な操作名が合っているか確認してみてください。

尚、今回キー操作も試してみましたが、言い方が悪かったのか、まったく反応してくれませんでした。

また次回トライしたいと思います。

まとめ

一発目触ってみた感じは以上です。

音が良い、悪いは好みですので何とも言えない部分はありますが、個人的には前作よりも好きです。

音声認識のAi ASSISTANTはたぶん使いません。

機械に音声を認識させるには、無意識にも丁寧に言おうという意識が働いてしまいます。

デンモクやデンモクミニで操作したほうが個人的には楽です。

ちなみにライブサウンドでは

  • 東京ドーム
  • ナゴヤドーム
  • ライブドーム
  • ライブホール

と選択できるようになったので、次回はそれらの違いについて試してみたいと思います。

ライブサウンド選択

広告

ライブダムAi

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)