カラオケ上達

ホイッスルボイスの出し方と練習方法!超高音でシビれさせろ!!

2016/04/10

ホイッスルボイスとはヘッドボイスよりもはるかに高音域を発声するためのテクニックです。聞こえる音としては笛のようだったり耳鳴りのようなピーという音をイメージすると近いと思います。ホイッスルボイスを扱うことで有名な歌手は、マライアキャリーやVitas等が挙げられます。これを出せたらかなりかっこいいと思いますし、男性の方であればデスボイスよりも女性受けがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ホイッスルボイスとは
原理

通常の発声をする際、声帯は全体的に振動していますが、その声帯を閉じる力を極限まで強めることで、声帯のほんの一部分だけを振動させて声を出します。そうすることで、通常の発声時に混ざっている様々な音の要素を全て排除し、高音だけを残すことができます。出口が小さいことから、息の量も微量となり、ほとんど息を吐き出していないと感じることもあるくらいです。

 

出し方

まずはエッヂボイスができることが前提です。エッヂボイスをしながら出来るだけ高音まで持って行きましょう。限界の高さまできたら、そのまま声を出す方向を後頭部(後ろ)のほうへ引っ張っていくイメージです。引っ張っていくと笛のようにピーと音が鳴るポイントがありますので、それを見つけることが第一歩です。このときにどうしても喉を絞めてしまいがちですが、それではホイッスルボイスはできず、ただ喉が疲れるだけです。できるだけリラックスして声帯部分のみに意識して練習するようにしましょう。

それでも到底出来そうにないという方は、息を吸いながら練習するのが効果的なようです。人間の性質上、身を守るために、息を吸うときは悪いものを吸い込まないよう、声帯は閉じやすいとのこと。吐くときはその逆です。これを利用して、最初は吸いながら高音を出す練習を行い、声帯への力のかけ具合などを参考にしてから、息を吐いて発声するようにしましょう。

ちなみに、声の出す方向のイメージとして、下の図のように表現することもあります。

声を出す方向

ホイッスルボイスを出せるようになったら、次は音程をコントロールできる様に繰り返し練習しましょう。練習すれば必ず出来るようになるテクニックですので、あきらめずにトライしましょう。

~Mash~

スポンサードリンク

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-カラオケ上達
-