役立つ情報

【DAM】カラオケ機種を分かりやすく説明します!!現行の機種一覧!

2016/03/07

出典:clubDAM.com

今回はカラオケ機種の2強の内の一つ、DAMシリーズで知られているカラオケ機種について、分かりやすく説明していきたいと思います。

JOYSOUND機種の説明はこちら

 

スポンサードリンク

1.カラオケ店にあるDAMの機種本体についてザックリまとめると・・・
  • カラオケ機種は、正式には「業務用通信カラオケ機器」(以後カラオケ機器)と言う
  • DAMシリーズカラオケ機器のメーカーは、業界首位最大手の(株)第一興商さん
  • カラオケに使用する音源や映像も(株)第一興商さんが提供している
  • (株)第一興商さん直営のカラオケ店は「ビックエコー」。同社のカラオケ機器しか置いていない。
  • 現行機種は6機種で、最新機種は「LIVE DAM STADIUM」
  • DAMシリーズと連動できるSNSは「DAMとも」

第一興商さんのカラオケ機器の特徴は、個人的には映像コンテンツ(本人映像)や採点機能に特に力を入れている点だと思います。

2.現行機種の紹介

 

LIVE DAM STADIUM(ライブダムスタジアム)

main出典:(株)第一興商

  • 発売:2015年
  • 以前から人気だった採点機能も強化され「精密採点DX-G」となり、デュエット採点にも対応した。
  • 映像面も強化され、2画面違う映像が流れるデュアルモニター機能も追加
  • 本体の液晶部を取り外してリモコンとして使えるが、店舗による。(※客側では取り外しはできません。

LIVE DAM RED TUNE(ライブダムレッドチューン)

main2

出典:(株)第一興商

  • 発売:2014年
  • LIVE DAM(ライブダム)からのマイナーチェンジ機種。基本的にはLIVE DAM GOLD EDITION(ライブダムゴールドエディション)と同じ。

LIVE DAM GOLD EDITION(ライブダムゴールドエディション)

maing

出典:(株)第一興商

  • 発売:2012年
  • LIVE DAM(ライブダム)からのマイナーチェンジ機種。HDD容量が増量された。

LIVE DAM(ライブダム)

mainl

出典:(株)第一興商

  • 発売:2010年
  • フルHD対応となり、前機種Premier DAM(プレミアダム)から、グラフィック関連が大きく強化された。
  • 本体液晶画面がタッチパネル式になった
  • 採点ゲームの内容も前機種Premier DAM(プレミアダム)から大幅な変更が加えられ「精密採点DX」となり、採点の精密さ等から、カラオケバトルのTV番組で使用されるなど話題となった。

Cyber DAM HD(サイバーダム HD)

mainc

出典:(株)第一興商

  • 発売:2012年
  • 飲食店向けの廉価モデルのHD対応版

Party DAM HD(パーティーダム HD)

mainp

出典:(株)第一興商

  • 発売:2013年
  • よくホテルの宴会場で目にするワゴンタイプの最新機種
3.最新電子目次本(デンモク)

最新の目次本が置かれているかは店舗や部屋によっても様々ですので、こだわる方は店舗に事前に確認しましょう。当然最新の物が一番操作しやすいです。

Smart DAM L[デンモク]

maind

出典:(株)第一興商

4.連動SNS「DAM★とも」

カラオケを更に楽しむために、様々なサービスが提供されています。是非試してみましょう!

特徴
  • 店舗で歌ったカラオケを録音して、サイト内で聴くことができる。また、DAM★とも会員向けに公開も可能。よって他の人の録音を聞くことも可能。
  • 録音を公開する時に、精密採点映像と共に公開することも出来る
  • 録音した音源は60日間保管され、任意で10曲まで永久保存にできる。課金することで保存上限を上げることができる。
  • 多重録音機能では、遠く離れた人とコラボ(ハモリとか)することができるが、対応しているデンモク(「デンモクiDS」か「Smart DAM」)が無いとできない

等々、このほかにもSNSらしい機能が盛りだくさんで書ききれないので、実際に使ってみていただければと思います!


普段何気なく見ているカラオケ機器ですが、調べてみると色々な種類があり、それぞれ違いがあるのがわかるかと思います。みなさんのお気に入り機種が見つかると嬉しい限りです!

~Mash~

スポンサードリンク

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-役立つ情報
-