カラオケ上達

鼻腔共鳴とは?井上陽水のものまねで簡単に響きの有る声がだせる!?

2016/04/10

鼻腔共鳴は歌をうまく歌う上で欠かせないテクニックです。今回はそんな鼻腔共鳴のメリットや方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

鼻腔共鳴とは

鼻腔共鳴(ビクウキョウメイ)とは、声を発するときに、鼻と喉の間にある空洞に一度声を入れて、空洞の中で共鳴させることで声を増幅させることです。

 

鼻腔共鳴を行うメリットは、

  • 声に響きが出る
  • マイクへの声の乗りが良くなる
  • 大声を出さなくても声量が出る
  • 大声を出す必要がないため、喉への負担が減る
  • 長時間のカラオケをしても声が枯れない

と、良いことづくしです。当方もカラオケが終わった後は声が枯れてガラガラでしたが、ミックスボイスの習得により長時間(6時間とか)のカラオケしても声が枯れることがなくなり、鼻腔共鳴を習得することで、更に喉への負担を意識的に減らすことができるようになりました。また、鼻腔共鳴の度合いをコントロールすることで、声色のバリエーションも増やすことができました。

 

鼻腔共鳴の方法

鼻腔共鳴しているとき、当方の感覚では、目の下の頬骨(ほおぼね)の奥らへんがビリビリと震える感じです。それを意識して練習しましょう。

 

鼻腔共鳴の方法

  1. まずは普通に声を出しましょう。喉から口の出口に向かってだけ声を出すイメージです。
  2. そのまま少し鼻からも声を抜いてやりましょう。そうすると目の下の頬骨(ほおぼね)の奥らへんで響いている感じがあるはずです。
  3. その響きを大きくしてやるとより鼻腔共鳴させることができます。
  4. 良く分からないという方は、井上陽水のものまねをして見ましょう。ほぼ口は閉じて鼻から声を出すイメージです。井上陽水に似ていたら、たぶんそれ鼻腔共鳴できてます。

カラオケで声がマイクに乗りにくいため、毎回大声で歌わざるを得ないという方、是非鼻腔共鳴を試してみてください。すごく楽にマイクに声を乗せることができますよ。

~Mash~

スポンサードリンク

この記事が参考になったという方はシェアして頂けると嬉しいです♪

-カラオケ上達
-